●各種調査、試験の受託案内  
 圃場試験の受託案内  堆肥の品質、付加価値向上対策の受託案内  土壌管理対策の受託案内

 ◆お問い合わせフォーム  

各種資材の評価等についての圃場試験の受託案内
 各種堆肥、土壌改良資材、肥料やその製品化プロセスでの評価とともに、資材の新たな価値を見出すための試験などについて、企業等からの受託により圃場試験を行っております。
 試験依頼のご希望がございましたら当協会にご連絡下さい。試験内容は基本的に次の要領で行っておりますが、試験設計等についてはご相談に応じます。

1.対象とする資材
 (1)土壌改良資材
 (2)堆肥
 (3)肥料
 これらの資材について、比較対照とする資材との比較試験を行います。

2.試験場所
 千葉県白井市農家圃場(黒ボク土壌)、この他試験内容に応じた適地圃場

3.供試作物
 野菜、畑作物類 (軟弱野菜、葉菜類、果菜類、イモ類等)

4.調査項目
 (1)生育、収量調査
 (2)品質、食味調査
 (3)土壌調査

5.受託金額
 1件当たり標準 約50万円

   
写真.試験圃場 (千葉県白井市)


食品リサイクル堆肥等の品質向上、付加価値向上対策の受託案内
 食品リサイクル堆肥(汚泥肥料含む)等については現在、品質の良いものの製造が求められております。また、特に、食品リサイクル堆肥は土壌病原抑止力等が高いものが多いという傾向があり、今後、この特性を活かした製品開発などが考えられます。
 そのために重要なのは堆肥化材料の調製や発酵管理などです。
 当協会ではこれまで、FR認証合格に向けた堆肥の品質向上に関する発酵管理のあり方とともに、土壌病原抑止力、窒素肥効特性等について調査研究を行ってきております。
 こうした蓄積を基に、当協会ではこうした課題に対応されている企業等に対し調査と対策のアドバイスを行ってまいります。
 主な対応内容等は以下のとおりですが、(1)~(2)の全ての項目を必ずしも全て行うものではなく、調査等の内容についてはご相談に応じます。

1.対応内容
 (1)堆肥の品質向上のための発酵条件等に関する調査と対策
  • FR認証合格基準の堆肥腐熟度、発酵温度に達するための問題点の調査と対策の提案を行います。(調査項目例:堆肥化プロセスでの温度、堆肥化物の発芽率、pH、ECなど)
  • 堆肥化材料の調製等の問題については、現地において共同で小規模な発酵試験等を行うなど現地の実情に応じた調査や対策を検討します。

 (2)堆肥等の付加価値向上のための調査と対応策
  • 堆肥や汚泥肥料の土壌病原抑止力を高めるための原材料の配合や発酵管理のあり方については現状の堆肥の評価を行うとともに、現地において共同で小規模な発酵試験等を行うなどにより対応します。
  • 堆肥や汚泥肥料の窒素肥効特性(速効性成分、遅効性成分の割合)についても現状を調査し対策の提案をします。具体的対策については土壌病原抑止力と同様の対応を行います。
堆肥や汚泥肥料の主な作物への圃場での施用効果試験も承ります。
 調査内容は協会の圃場試験受託案内に準じます。 

2.受託金額(目安)
   30万円~
  (調査等の内容によって金額は異なります。ご依頼内容に応じてお見積致します。)

 ※参考
 [当協会の実績]
  • 品質の良い食品リサイクル堆肥製造の手引(農林水産省助成事業の報告書H27、H28年)
  • FR堆肥認証機関として申請企業等へのアドバイス
  • 品質の良い食品リサイクル堆肥製造について企業からの受託事業実施(現在実施中)

写真.小規模堆肥化試験の実施状況
  • 堆肥化施設の敷地の一画で原材料の配合割合等を変えて堆肥化試験を実施
  • 各試験区ごとに発酵温度や発芽率等を調査
 
  • シャーレ試験で土壌病原抑止力を測定した結果を基に実際の作物で土壌病原抑止力を検証
  • ホウレンソウの代表的土壌病害である萎凋病の病原菌を接種して試験
   対照(菌未接種) 無処理  資材4
写真.堆肥の土壌病原抑止力栽培試験
 


地域の土壌図作成、土壌診断による適地生産と土壌管理対策の受託案内
 近年、耕作放棄地、借地を活用した規模拡大とともに、地域の土壌や気象特性を活かした農産物のブランド化が課題となってきています。(※参考:地理的表示(GI)保護制度
 こうした中で、特に水稲の一等米比率等品質、モモ等果樹の品質、サツマイモ等根菜類の品質と土壌の特性は密接な関係があり、適地、適作を推進するとともに、より収量、品質の向上するような土壌管理が求められます。
 こうした取組を支援するため、当協会では①地域の土壌特性を盛り込んだ土壌図作成と土壌管理指針、②地域の主な作物の収量、品質底上げのための土壌、施肥管理対策についての調査と対策提案を行っております。
 対応内容は基本的に次のとおりですが、具体的内容等についてはご相談に応じます。
 なお、対応内容の(1)と(2)は分離して受託することも可能です。

1.対応内容
 (1)地域の土壌特性を盛り込んだ営農改善目的の土壌図作成と土壌管理指針
[目的]
 地域の土壌の種類、土性の分布状況に加え、土壌の種類、土性別に保肥力、腐植含量、土壌断面の特性等営農上重要な項目の数値などを盛り込んだ地域固有の土壌図を作成します。また、新たな土壌図を基とした適地、適作物や土壌改良の対応方向を明らかにした土壌管理指針を作成します。これにより、借地等行う場合に土壌特性にあった作物選択や土壌管理がやりやすくなります。
[調査内容]
  • 協会所有の土壌図(土壌の種類、土性の分布)をベースに、現地において地域の土壌の種類、土性ごとの保肥力(CEC)や腐植含量等基本的な特性項目の分析とともに、土壌断面の深さ別の土性等を調査します。これらの調査結果を基に、保肥力(CEC)等土壌管理する上で重要な項目や土壌断面の写真を盛り込んだ土壌図を作成します。また、必要に応じ地域内の日照、平均気温等気象データも地図上でわかるように表示します。
  • 地域の土壌の種類、土性から見た適地、適作物や土づくりのあり方を示します。その前提として主な農家等からのアンケートや聞き取りにより土づくりと作物生育との関係の課題を把握し、土壌管理指針に反映させます。
[とりまとめ成果品(例)]
  • 地域の保肥力(CEC)や腐植含量等や土壌断面写真等を盛り込んだ土壌図(PDF形式)
  • 地域の主な作物の適地性や土壌の種類等別の土づくり対策指針
 
 (2)地域の主な作物の収量、品質底上げのための土壌、施肥管理
[目的]
 多くの産地では圃場によって作物の収量、品質のバラツキがあるのが普通で、収量、品質の底上げをしていくことが産地のブランド化を図るために重要となっています。
 このため、産地の優良圃場土壌の化学性、物理性の数値範囲を明らかにするとともに、これに近づけていくための土壌・施肥管理対策を提案します。
[調査内容]
  • 作物生育等の異なるいくつかの圃場別(良、普通、劣る)の土壌の化学性、物理性の分析とともに、調査対象圃場の農家の土壌管理等の現状を調査します。これらの結果から劣る圃場の要因を明らかにするとともに、良い圃場の要因を明らかにします。そして、良い圃場に近づけるための土壌管理、施肥管理のあり方を明らかにします。
  • 特に生育に大きく影響する腐植含量(地力窒素の発現に関係)については、土壌特性等の影響が強く県等の土壌診断基準にはないことから、地域の優良圃場の土壌分析結果から望ましい数値範囲を明らかにします。
[とりまとめ成果品(例)]
  • 対象作物圃場の土壌の化学性、物理性の分析結果と作物生育との関係の解析
  • 生育等劣る圃場の要因と改善のための対策(以上、報告書)
  • 対象作物の生育に特に影響を及ぼす腐植含量やその他の化学性の診断項目の目安とともに、土壌の作土深、孔隙率等物理性についての地域の望ましい目安の指針
この他一般的な土壌の特性把握、土壌診断などの調査、分析も承ります。

2.受託金額(目安)
   50万円~
  (調査等の内容(上記(1)、(2))や広がり等によって金額は異なります。ご依頼内容に応じてお見積致します。)

 ※参考
 [当協会の実績]
  • 土壌図活用による水稲の一等米比率を高めるための土壌管理調査とアドバイス(県、農協等)
  • 地理的表示保護制度申請に向けての土壌特性と作物品質についての支援(農協)
  • 地域の主な作物の収量、品質底上げのための土壌、施肥管理については、水稲、野菜(葉菜類、果菜類、タマネギ)、果樹、茶の産地で数多く実施(補助事業)
  • 現在2町村からの委託事業により営農改善に向けた土壌診断を実施中
 
図.N米産地の土壌図(主な地点のCECを追加した例)
  • 土性は川沿い(画像右上)砂質でCECが低い。山沿い(写真左)に行くほど粘土を多く含みCECが高い(濃い青)。
  • 一等米比率は川沿いの砂質土壌で低く山沿いが高い。

 
図.Y果樹産地の土壌図(例)
  • 段丘上の褐色森林土(緑)で栽培したモモの品質は、川沿いの灰色低地土(青)に比べて一般に良い。
 


トップに戻る